PR

 三菱電機は,さまざまな文書から類義語や同義語を抽出し,その文書の内容を効率的に分析できるテキストマイニングシステム「DIAMining EX」を開発,2006年1月31日に発売する。同システムの製造,販売,保守業務は三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS,本社東京)が担当する。
 
 新しいテキストマイニングシステムは,分析したい文書をテキスト(CSVフォーマット)として入力すると,類義語や同義語などの関連性の高い言葉を見つけ出して「関連語辞書」を自動的に生成する。さらに,この辞書の一覧から業界や業種に適した専門用語や同義語を選択して登録する「チューニング機能」を使うことで,ユーザーは精度の高い文書の分析ができる。

 関連語を見つけ出す精度を高めるために,「複合概念抽出技術」も搭載した。これにより,例えば「ワードプロセッサ」と「文書編集装置」など,異なった表現であっても関連性が高いと判断し,同一のカテゴリーに自動的に分類する。そのため,検索キーワードでは分類できない文書や,抽象的な表現の多い長文の文書にも対応する。そして,情報を絞り込んだ後は,クロス集計や概念マップ作成,時系列分析などを行い,レポートを作成する。

 価格はパッケージ販売の場合,1ライセンス当たり262万5000円,3ライセンスで525万円。1年間当たりの保守料金は1ライセンス当たり47万2500円。レンタル販売の場合,1ライセンスの使用料は13万1250円/月,3ライセンスの使用料は26万2500円/月。レンタル販売の場合,保守料金は使用料に含まれている。