PR

 清水建設は,建物などの周辺施設から必要な情報を取得して移動できる「車いすロボット」を開発し,福岡市の「ロボット特区」事業の一環として,公道を利用した実証実験を行い,信頼性/安全性を確認し,実用化にメドをつけたと発表した。同ロボットは,周辺施設側に配した無線タグと情報をやり取りして移動するため,ロボット本体側には複雑な処理や判断のための装置が要らない。そうした周辺施設側に配した装置を複数のロボットで共有できるため,ロボット本体側の機能を絞れ,ロボット本体のコスト抑制に結び付けられるという。

 同社が開発したロボットは,市販の電動車いすをベースに,制御装置や各種のセンサなどを組み込んだもの。移動する環境を認識するためのレーザレンジセンサ,周辺施設から情報を取得するためのICタグアンテナ,障害物検知や追随移動用の超音波センサ,車輪駆動用の制御装置,緊急停止装置などから成る。機能としては,自動/追随/手動の三つのモードがあり,自動モードでは,周囲の建物/壁/塀などに埋め込んだICタグの情報,レーザレンジセンサで検知した移動経路の情報などを基に,道路や壁に沿って移動する。追随モードでは,超音波発信器を携えた人間の後を追うように移動する。

 同社は今後,この種のロボットの実用化に向け,技術面での改良・改善を図るとともに,ロボットに適した建築設計の在り方の検討などを進めていく。また,病院や介護施設における高齢者向けのロボットシステム,オフィス空間における配送ロボットシステム,空港の荷物カートやスーパーマーケット/デパートの買い物カートなど,車いすロボットを発展させた実用性の高いロボットシステムへの応用を図る計画としている。さらに同社は,将来的には,屋内外の測位,画像処理,ワイヤレス通信などの要素技術を活用し,ロボットと人間が共生する新しい生活空間や地域空間の実現を目指していく考えという。