PR

 日産自動車は、2005年11月14日に発売した新型「ウイングロード」を12月14日までの1カ月間に7650台受注したと発表した。月間販売目標3500台の2倍以上となり、好調な立ち上がりとなった。購入層は、29歳以下が14%のほかは、30代が22%、40代が19%、50代が23%、60歳以上が22%と、世代に偏りなく受け入れられているという。

 グレード別では1.5L車のエアロシリーズが36%と最も多く、1.8L車と合わせると半数以上がエアロシリーズとなった。ボディカラーは「ブリリアントシルバー」が30%を占めた。オプション装備では、ルーフスポイラー+LED式ハイマウントストップランプが40%、フォグランプが40%、16インチアルミロードホイールが30%など、スタイルに関するオプションの装着率が高いという。