PR
[図]納入準備中の次期固定翼哨戒機の主翼。全機静強度試験機に組み込まれて,各種試験に利用される予定。
[図]納入準備中の次期固定翼哨戒機の主翼。全機静強度試験機に組み込まれて,各種試験に利用される予定。
[画像のクリックで拡大表示]

 富士重工業は,2005年12月16日,防衛庁が開発を進めている次期固定翼哨戒機「P-X」の主翼を初納入したと発表した。同社航空宇宙カンパニー宇都宮製作所で組み立てたもので,川崎重工業岐阜工場に納入した。

 同主翼は,中央翼に結合すると全体で約35m幅になるもの。同時開発中の次期輸送機「C-X」の主翼との一部部品や治工具の共用化を考慮して設計・開発したものとしている。C-Xの主翼は既に納入済みという。今回納入した主翼は,今後,主契約企業である川崎重工業において全機静強度試験機に組み込まれ,防衛庁における各種試験に利用される予定となっている。

 P-XとC-Xは,現有の哨戒機「P-3C」と輸送機「C-1」の後継機という位置付けで,防衛庁が2001年度から開発を進めている。初飛行は2007年度の予定。主翼および垂直尾翼の開発を富士重工が担当している。