PR

 いすゞ自動車は、子会社のいすゞキャステックと自動車鋳物が、株式交換契約を締結したと発表した。いすゞキャステックは自動車鋳物の完全子会社となり、自動車鋳物はいすゞ自動車の連結子会社となる。1年後には自動車鋳物といすゞキャステックは経営統合する予定。

 両社とも2006年2月下旬の株主総会で承認を受けたあと、3月31日に株式交換する。自動車鋳物は、いすゞキャステックの株式1株に対して自動車鋳物の株式154株を割当て交付し、株式交換により普通株式1540万株を新たに発行する。

 いすゞ自動車は、鋳造技術をコア技術と位置付けており、グループ内で鋳造技術の集約による基盤強化を図る。一方、いすゞ自動車を主な取引先とする自動車鋳物は、技術分野を拡大・強化するために、シリンダブロックの製造技術を持ついすゞキャステックとの協業が必要と判断した。株式交換後は、両社の保有技術を集約し、開発・生産の一本化による開発の速度向上と生産技術力の強化を図る。


図◎株式交換による体制変化