PR

 「半導体は2005年を境に新たなトレンドで推移する」。韓国Samsung Electronics Co., Ltd.の半導体部門のPresident and CEOであるChang-Gyu Hwang氏はこう言い切る。従来の半導体市場は,その応用分野としてパソコン(PC)に依存し,それに対する需要と供給のバランスによって4年ごとの好不況の波を繰り返す,いわゆる“シリコン・サイクル”を形成してきた。そのサイクルだと2004年をピークに半導体市場は2005年から下降局面になるはずだが,応用の主役がPCからデジタル民生機器や携帯電話機に置き換わることによって,「市場は継続的に上昇する」(同氏)と見通す。その新たなトレンドの中核となるのが,同社が圧倒的な世界シェアを持つメモリーである。(NIKKEI MICRODEVICES12月号から