PR

 ホンダは,2007年に太陽電池の量産を開始すると発表した。同社の熊本製作所内に,一般家庭に換算すると約8000世帯に相当する年産27.5MWの工場を建設する計画を決定した。熊本製作所での量産に先立って,ホンダエンジニアリングが製造する太陽電池を,2006年秋から同社の所在地である栃木県の近辺に限定して販売する予定である。

 ホンダが量産するのは,Cu-In-Ga-Se(CIGS)化合物の薄膜を利用した太陽電池である。モジュール変換効率は約12%と,既存のSi太陽電池と近いレベルを実現した。製造過程で必要になる消費エネルギーは,既存のSi太陽電池に比べて半分に抑えることができ,「製造時から環境にやさしい太陽電池」(同社)という。

 ホンダは,米国で太陽電池を利用した燃料電池車用水素ステーションの実験を行ってきた。太陽電池で発電した電力で水を電気分解して,水素を製造するものである。こうした用途にも,今回の太陽電池を使うとみられる。
 CIGS太陽電池は,2002年春からホンダの細江船外機工場やホンダエンジニアリングの本社,Honda和光ビルなど,ホンダの国内12の事業所と,海外の3事業所に設置済みという。