PR

 米Intel Corp.は,インテル キャピタル ジャパンを通じて,ネットワーク制御用ソフトウエアなどを開発するデジオンへの出資を決めた。2003年に設定した総額2億米ドルの「インテル・デジタルホーム基金」を通じて出資する。投資の詳細については公表していない。

 デジオンは,ホーム・ネットワークに対応するテレビやDVDレコーダ,デジタル音楽プレーヤなど向けのソフトウエアに強みを持つ。一方,Intel社は,「Viivテクノロジ」と呼ぶプラットフォーム技術を開発中だ(Tech-On!関連記事)。今回の出資により,デジオンは同社のDLNA対応ネットワーク家電用開発ツールをViivテクノロジ向けに拡張する予定。具体的には,著作権保護されたコンテンツを家庭内ネットワークで楽しむためのDTCP-IPコンテンツ暗号化伝送技術や,自由なユーザー・インタフェースを安価に実現するリモート・ユーザー・インタフェースなどの機能を拡張するという。