PR
図◎2005年1月に公開した「Acura RD-X」のコンセプトモデル
図◎2005年1月に公開した「Acura RD-X」のコンセプトモデル
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは2005年12月20日、年末社長会見で2006年に北米市場に「Acura RD-X」と「フィット」を投入することを明らかにした。この2車種はともに2006年1月8日から開かれるデトロイトショーに出展する予定。

 RD-Xは2006年に発売予定のAcuraブランドのエントリーSUV。2005年1月にコンセプトモデルをデトロイトショーで紹介(関連記事)しており、そのときは全長4600mm程度としていた。同社によれば、Acura RD-Xは性能と燃費を両立させたライトトラックという。

 一方、フィットは2006年春に米国市場に投入する予定。「シビック」がかつての「アコード」クラスに大型化しており、エントリークラスの小型車へのニーズがあることから投入に踏み切る。
 
 同社は、2005年の販売見通しとして北米市場で前年比104%の145万台を予想しているが、2006年は先の2車種の投入などにより151万台程度になると見込んでいる。