PR
図◎2001年に公開した「シビックType-R」。
図◎2001年に公開した「シビックType-R」。
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは2005年12月20日、年末社長会見で2006年2月に開かれるジュネーブショーに、3ドアのコンセプトモデル「シビックType-R」を出展することを明らかにした。

 同社は、2006年1月から欧州専用モデルの5ドア版を発売、さらに2006年中に3ドア版の投入を予定している。ジュネーブショーで展示するシビックType-Rは3ドア版の高出力モデルをイメージしたコンセプトとなる見込みだ。
 
 従来モデルの3ドア版は2001年のジュネーブショーで公開しており、5ドア版よりも全長を短縮していた(関連記事)。同時に公開したType-Rは排気量2.0Lの「DOHC i-VTEC」を搭載しており、最高出力が147kW/7400rpmだった。