PR

 KDDIは,au携帯電話にシャープ製端末を採用する計画を明らかにした(発表資料)。番号ポータビリティが導入される2006年11月までに第1弾製品を発売する予定だ。シャープはこれまでau携帯電話で採用しているCDMA 1X/CDMA 1X WIN方式の端末を製造してこなかったが,今回いよいよ開発に乗り出すとみられる。

 KDDIは今回の採用にあたって,「シャープは優れた液晶技術,カメラ技術,筐体デザインなどで市場から高い評価を受けている。番号ポータビリティの導入で顧客の流動性が高まる国内の携帯電話市場では,これまで以上に魅力ある商品を提供し,幅広い顧客ニーズに応えることが必要」とコメントしている。