PR

 ダイハツ工業は、自動変速機の不具合により「ハイゼット」「ハイゼットデッキバン」「アトレーワゴン」の3車種・合計1万2545台をリコールすると発表した。対象となるのは2005年8月2日から同年9月30日に製造した車両で、自動変速機搭載車のみ。

 不具合は、自動変速機または副変速機の組立工程で出力軸の回転状態を確認するための治具が不適切だったため、オイルシールを傷つけたものがあり、シール部からオイルが漏れるというもの。最悪の場合、自動変速機または副変速機の潤滑用オイルが不足し走行不能となる恐れがある。

 対策として、全車両の自動変速機の製造番号を点検し、対象車両はオイルシールを新品と交換する。またオイルが漏れているものについてはオイル量を点検し、規定量を下まわっているものは自動変速機または副変速機を新品に交換する。(対策個所説明図