PR

 米Menter Graphics Corp.の組み込みソフトウエア事業部門であるAccelerated Technology(ATI)は,同社の組み込みOS「Nucleus RTOS」をルネサス テクノロジ製マイクロプロセサ「SH7720」に対応させた(発表資料)。同時に,同製品をITRON4.0仕様準拠にするアドオン・ソフトウエア「Nucleus μiPLUS」も提供する。

 ITRON仕様準拠にするためのμiPLUSは,Nucleus RTOSが提供するメモリ保護機能と組み合わせて使うことができる。例えば,最終製品ではメモリ保護機能を利用しない場合でも,開発時にカーネル領域とプログラム領域をそれぞれ保護することで,プログラム中の間違ったポインタの使い方をいち早く検出するというデバッグ手法を採ることができる。このため,既存のITRONのソフトウエア資産を継承しつつ,新たなソフトウエアを統合する効率を上げることができる,とする。

 オプションとして,TCP/IPプロトコル・スタック,ユーザー・インタフェース作成ツール,ファイル・システム,Webサーバ・ソフトなどミドルウエア群も用意する。