PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 NTTドコモは,既に新規契約を停止しているPHSサービス(Tech-On!関連記事)を,2007年度第3四半期をメドに終了すると発表した(ニュース・リリース)。現在のPHS利用者にはFOMAへの契約変更を促す。

 「PHS事業は黒字転換できる構造になかった」。サービス終了の正式発表に当たり,NTTドコモ 代表取締役社長の中村維夫氏はこう語った。同社のPHS網ではNTTのISDN回線を使っており,このためNTTに支払う回線使用料が大きな重荷になっていた。加えて基地局の設備が老朽化しており,更新すると「4000億円~5000億円はかかってしまう状態だった」(中村氏)という。以上の点から,同社はPHSの事業継続は困難と判断した。残されたPHSの基地局は,携帯電話機向け基地局を再設置するなどして有効利用を図る。

【お詫びと訂正】当初の記事で,PHSサービスの終了時期を「2007年第3四半期」としていましたが,「2007年度第3四半期」の誤りです。お詫びして訂正します。