PR

 多くのLSI設計者が関心を寄せる「Cell」プロセサ。先週,パシフィコ横浜で開催された「11th Asia and South Pacific Design Automation Conference(ASP-DAC 2006)」には,Cellの講演を集めたセッションがあった。派手な印象のあるCellだが,地道な検証手法を採り,Cellを構成するSPU(Synergistic Processor Unit)の実機のバグをたった1件にした過程などが紹介された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料