PR

 フラッシュ・メモリーの市場拡大はどこまで続くのか,PRAMやMRAMといった新型不揮発性メモリーはいつ頃実用化されるのか--。1月30~31日に東京・品川で開催された『第4回半導体メモリー・シンポジウム』(NIKKEI MICRODEVICES主催)では,不揮発性メモリーの市場と技術にかかわるこうしたトピックスについて,産学の研究者や経営者が講演した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料