PR

 フラッシュ・メモリーはどのプロセス世代まで延命できるのか--。1月30~31日に東京・品川で開催された『第4回半導体メモリー・シンポジウム』(NIKKEI MICRODEVICES主催)では,目下のところメモリー業界の最大の議論の的であるこの問題に対して,各社がそれぞれの見解を示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料