PR
NECが試作したHSDPAの携帯電話機
NECが試作したHSDPAの携帯電話機
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは,高速の移動体データ通信規格「HSDPA(high-speed downlink packet access)」に対応する携帯電話機を試作した(発表資料)。NTTドコモが2006年度第2四半期に予定しているHSDPA対応サービス向けであり,NTTドコモとの共同開発品となる。HSDPAの下り(ネットワークから端末)方向の最大伝送速度は規格上14.4Mビット/秒だが,今回の試作機の最大速度は3.6Mビット/秒である。

 NECは,端末だけでなく基地局などのインフラ設備も手がけている。国内では,ボーダフォンともフィールド試験を実施しており,2005年11月には実用段階に入ったことを発表していた(Tech-Onの関連記事)。

 同試作機は,2006年2月13日~16日までスペインのバルセロナで開催される「3GSM World Congress2006」に出展する。