PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 ブリヂストンは、2003年9月に発表した電気自動車向けインホイール・モータ駆動システム「ブリヂストン・ダイナミックダンパータイプ・インホイール・モーターシステム」を小さなタイヤサイズ向けに改良し、「バージョンIII」として発表した。このシステムは、KYBおよび曙ブレーキ工業と共同開発したもので、2004年9月に実用化するための改良を施した「バージョンII」を発表しており、今回はバージョンIIを別の角度から検討し、小さなタイヤサイズ向けに小型・軽量化したという。

 バージョンIIIでは、バージョンIIのモータをアウターロータ方式からインナーロータ方式に変更し、そのほかの部品も改良した。これにより、バージョンIIではホイールの適用サイズが18インチ以上だったのに対し、14インチ以上とし小型化した。また、モータ単体の重量を従来の約60%に低減している。


図◎基本構成