PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
[画像のクリックで拡大表示]

 小野測器(本社横浜市)は,寸法や変位を測定/表示するディジタル表示器「DG-4190」を発売した。リニアゲージセンサと組み合わせて使うもので,成形品などに荷重をかけたときの変位をレコーダに記録する,といった用途に向く。価格は8万9250円(税込み)。アナログ・コンパレータ出力を備えるためD/A変換機が不要で,その分のコストを抑えられる。

 オフセットや乗数を演算する機能を搭載。最大値測定も可能だ。液晶ディスプレイには,5ケタの文字で測定値を表示する。測定値が設定範囲内の場合はバックライトが緑色に,閾値を超えると赤色に切り替わって表示するため,合否が分かりやすい。

 出力電圧は0~±10Vで,直線性の誤差は±0.3%F.S.。約25msecごとに出力を更新する。外形寸法は72×72×114mmで,質量は約300g。0~+40℃で使用できる。