PR

 松下電器産業とテラルキョクトウ(本社広島県福山市)は,松下の100%子会社でポンプ・送風機の専業メーカーであるシントー(本社大阪府吹田市)の全株式を松下がテラルキョクトウに譲渡することで合意した。テラルキョクトウは,業容の拡大に伴う顧客対応能力の強化を急いでいた。株式譲渡の時期は2006年2月28日を予定している。

 シントーは深井戸ポンプなどの水中ポンプ分野に強みを持っており,ポンプや送風機の専業メーカーであるテラルキョクトウは,同社の能力強化にシントーの買収が有効と判断した。買収後は,営業・サービス体制の拡充や生産体制の効率化,共同購買によるコストダウン,業務の効率化などを目指す。