PR

 富士通は,3次元CADの新版「SolidMX V2.1」を発売した。データの活用範囲を広げ流用性を高めるため「SolidMX Viewer」を標準搭載したほか,製図機能も強化。加えて,よく利用するフィーチャ形状をまとめて登録し,それを呼び出すことで簡単に形状を変更できる「フィーチャライブラリ」などの機能を追加している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料