PR

 英GKN Driveline社は、熱可塑性エラストマを使用した等速ジョイントのブーツを開発したと発表した。従来のゴムを使用した製品に比べて小型化したほか、耐熱性が140℃に上がり、飛び石などの耐衝撃性や内圧変化の抵抗性、回転安定性、耐久性が向上した。さらに、熱可塑性エラストマは材料品質が一定で、リサイクル性に優れ、部品輸送時や組み立て時に壊れにくいという利点もある。

図◎熱可塑性エラストマ(TPE)を使用した等速ジョイントのブーツ