PR

 日産自動車は、主要な乗用車生産工場である九州工場の第一工場塗装上塗りラインを刷新し、2006年1月に本格的に稼動を開始したと発表した。投資額は60億円。さらに2007年5月までに50億円を投資し、下塗り、中塗りラインも刷新する予定。


図1◎新塗装上塗りライン

 新塗装システムでは、塗装スプレーガンに付いていた塗料供給用ホースをなくし、スプレーガンに内蔵したタンクに直接塗料を充填するシステムを開発し、スプレーガンを小型化した。小型化により細かい作業ができるようになり、ボディ内部の塗装工程を無人化したほか、塗装ロボット1台あたりの塗装範囲を拡大してロボットの台数を削減し、ライン長を15%短縮した。これにより生産効率が従来と比べて15%向上し、エネルギ使用量を15%削減できた。

 従来は、塗料を変える時に塗料供給用ホースの洗浄によって廃棄塗料が発生していたが、ホースの廃止により塗料を15%削減した。さらに水系塗料を採用し、揮発性有機化合物(VOC)を従来と比べて42%削減するなど、環境への負荷を低減した。


図2◎車体内部塗装ロボット
 
図3◎車体内部塗装ロボット


図4◎車体内部の塗装
 
図5◎車体内部の塗装