PR

 トヨタ自動車専務取締役の鈴木武氏は,2005年度第3四半期の決算発表の席上,同社が2004年から取り組んでいる原価改善活動「VI活動」についてコメントした。それによると,同活動の成果は早ければ2006年秋にモデルチェンジする一部の車種に盛り込まれる見通しという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料