PR

 富士通の取締役専務/経営執行役専務の小野敏彦氏は,7日に都内で報道機関を対象に「電子デバイス事業戦略」を発表した。同社は2002年から電子デバイス事業の構造改革に取り組み,FPDやフラッシュ・メモリー,化合物半導体などを切り離し,ロジックLSIに集中する戦略を取っている。今回はその成果を報告し,今後はその路線を強化することを訴えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料