PR

 印刷法や室温プロセスといった従来とは全く異なる製法で大型フラットパネル・ディスプレイ(FPD)を安く作る。このような“ディスプレイの生産革命”の足がかりとなる世界初のFPDの試作に,凸版印刷が相次いで成功した。印刷法によるカラー有機EL(electroluminescence)パネルと,室温プロセスによる酸化物半導体TFTを使った電子ペーパーである。今回,その技術の詳細と今後の開発目標について,同社の開発担当者が明らかにした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料