PR

米Intel Corp.は,CMOS技術を使った小型のLNA(低雑音アンプ)を開発,ISSCC 2006で発表した(講演番号 11.5)。回路設計を工夫することで,寸法を140μm×220μmにとどめた。増幅する周波数帯域も0.5GHz~8.2GHzと広帯域で,「これだけの帯域を増幅するLNAとしては世界最小と考えている」(米Intel Corp.)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料