PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
写真上:左がソケット,右がヘッダ/写真下:取り付け例
写真上:左がソケット,右がヘッダ/写真下:取り付け例
[画像のクリックで拡大表示]

 松下電工は,外観形状の幅を3.6mmと従来機種に比べて約3割小さくした狭ピッチコネクタ「F4S」を,2006年2月15日に発売する。リジッド基板とフレキシブル基板を接続するためのもので,リジッド基板側に付けるソケットとフレキシブル基板側に付けるヘッダで一組となる。携帯電話機やデジタルカメラ,デジタル・ビデオ・カメラ,音楽や動画の携帯型プレーヤーなどに向く。価格は,50芯タイプの場合でソケットとヘッダが各215円(税別)。

 このコネクタでは,簡易ロック機構を採用。取り付け/取り外し時の感触が作業者に伝わりやすいという。端子間ピッチは0.4mm,嵌合(かんごう)高さは1.0mm。芯数は前出の50芯タイプのほかに,10/20/30/40芯タイプがある。

連絡先: 制御機器本部 グローバルマーケティング部
電話: 0120-101-550
URL: http://www.nais-j.com/connector/ (松下電工のコネクタ専門サイト)