PR

 世界のデジタル家電の最新技術が一斉に集まった「2006 International CES」の主役はディスプレイだった。大画面のディスプレイでは100型級が続出し,デジタル放送や次世代DVDなどの映像の窓として,大画面・高精細化,高画質化のトレンドが加速している姿が鮮明に見えた。一方,中小型のディスプレイでは,映像を持ち歩くための機器やサービスの具体像が明確になり,市場の急成長が期待できるようになってきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料