PR
「柔軟・易成形ナノアロイフィルム」の外観
「柔軟・易成形ナノアロイフィルム」の外観
[画像のクリックで拡大表示]
植物由来成分をフィルム中に均一に分散
植物由来成分をフィルム中に均一に分散
[画像のクリックで拡大表示]

 東レは,植物由来成分を60%程度含有するポリエステルナノアロイフィルムを開発した。柔軟性や成形性,耐熱性,透明性,耐薬品性などに優れることから「柔軟・易成形ナノアロイフィルム」と呼んでいる。家電や自動車,建築物などを保護する用途などに向けて,2006年4月からサンプル出荷を開始する。

 東レは,柔軟・易成形ナノアロイフィルムを製造するために2つの技術を開発した。1つは,植物油を原料とする長鎖脂肪族成分を,ポリエステルに多量に添加するための新しい触媒である。もう1つは,新規触媒によって長鎖脂肪族成分を添加したポリエステルを,別のポリエステルと均一に混ぜ合わせる技術である。2つの技術を用いることで,多量の長鎖脂肪族成分をフィルム中に均一に分散させることができた。その結果,既存のポリエステルと同等の透明性や耐熱性を確保するとともに,柔軟性や成形性にも優れるフィルムを実現した。