PR
GSI Studioの画面例
GSI Studioの画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 ヘリックス(本社東京)は,安価なリバースエンジニアリングツール「GSI Studio」(米Geometry Systems社)を2006年2月14日に発売する。容易なオペレーションを実現しながらデータの正確なコントロールが可能で,生産性が高いのが特徴。また,ほぼ同等の機能を有するサーフェスモデラ「Rhinoceros」(米Robert McNeel & Associates社)のプラグイン版も同時に発売する。

 3Dスキャニングデータを精緻なポリゴンメッシュデータに変換,そのメッシュモデルを連続したNURBSデータにサーフェス化,メッシュデータをさまざまな精度の高圧縮表現形式のCメッシュに変換,テクスチャマッピングやその他のマッピングデータの作成---などの一連の機能を持つ。

 製品はモジュールごとに分かれており,個別でも全機能を含むオールインワン版でも発売する。スキャンデータの読み込み,メッシュ作成の機能を持つ「GSI Mesh Studio」が51万円(税別),サーフェス作成の機能を持つ「GSI Surface Studio」が51万円(同),GSI Mesh StudioとSurface Studioを合わせた「GSI Surface Studio Plus」が75万円(同),テクスチャ,Cメッシュ作成の機能を持つ「GSI Texture & Cmesh Studio」が51万円(同),GSI Mesh StudioとTexture & Cmesh Studioを合わせた「Texture & Cmesh Studio Plus」が75万円(同),すべてを含んだオールインワン版の「GSI Studio」が98万円(同)。

 一方,Rhinocerosのプラグイン版は,スキャンデータの読み込み,メッシュ作成の機能を持つ「RhinoScan」が51万円(税別),サーフェス作成の機能を持つ「RhinoSurf」が51万円(同),両ソフトを合わせた「RhinoSurf Plus」が75万円(同)。

■問い合わせ先 
TEL:03-3508-0107