PR
P901iTVの外観。
P901iTVの外観。
[画像のクリックで拡大表示]
テレビ受信用のアンテナは,イヤホン・アンテナとホイップ・アンテナの2系統。感度のいい方を自動的に切り替えて利用する。写真のように,ホイップ・アンテナは可倒式になっており,付け根部分から回転するようになっている。
テレビ受信用のアンテナは,イヤホン・アンテナとホイップ・アンテナの2系統。感度のいい方を自動的に切り替えて利用する。写真のように,ホイップ・アンテナは可倒式になっており,付け根部分から回転するようになっている。
[画像のクリックで拡大表示]
画面が縦の場合には,画面の下半分にデータ放送が表示される。画面部分を横に回転させて横表示にした場合は,データ放送の表示は消える。
画面が縦の場合には,画面の下半分にデータ放送が表示される。画面部分を横に回転させて横表示にした場合は,データ放送の表示は消える。
[画像のクリックで拡大表示]
端末側面の様子。下部にテレビ録画用のボタンがある。
端末側面の様子。下部にテレビ録画用のボタンがある。
[画像のクリックで拡大表示]
写真の上側にあるのがイヤホンのリモコン部分,下側が本体に近い側にあるアンテナのブースターらしき部品である。この部品とリモコンとの間の50cm程度が,ワンセグ用のアンテナとして働くという。アナログ放送の場合はVHF帯でワンセグよりも周波数が低いため,イヤホンのある先端までの部分をアンテナとして利用する。このためリモコンに差し込むイヤホンのジャックには,ステレオ音声信号に加えて,アンテナ用の端子も追加されている。
写真の上側にあるのがイヤホンのリモコン部分,下側が本体に近い側にあるアンテナのブースターらしき部品である。この部品とリモコンとの間の50cm程度が,ワンセグ用のアンテナとして働くという。アナログ放送の場合はVHF帯でワンセグよりも周波数が低いため,イヤホンのある先端までの部分をアンテナとして利用する。このためリモコンに差し込むイヤホンのジャックには,ステレオ音声信号に加えて,アンテナ用の端子も追加されている。
[画像のクリックで拡大表示]
電子番組表を利用する前に,郵便番号を入力する。
電子番組表を利用する前に,郵便番号を入力する。
[画像のクリックで拡大表示]
今回同時に発表したワンセグ対応のDVDプレーヤ。
今回同時に発表したワンセグ対応のDVDプレーヤ。
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニック モバイルコミュニケーションズが開発中のNTTドコモ向けのワンセグ・ケータイ「P901iTV」。2005年9月の開発発表時には2.5時間だったワンセグの視聴時間は発売までには,3時間程度に延びそうな見通しである。「開発発表当初は,ある程度のマージンを見込んで2.5時間としていたが,開発の終盤になって3時間を達成できそうな見通しが出てきた」(同社)という。

 P901iTVは筐体の側面にテレビ録画用のボタンを備えており,テレビ視聴中に1秒以上長押しすることで録画を開始できる。録画可能な時間は,映像200kビット/秒,音声48kビット/秒の場合に最大30分程度の見通し。録画先は本体の内蔵メモリのみで,miniSDカードに直接録画したり,本体の内蔵メモリに録画したファイルをムーブしたりすることはできない。上記のデータ伝送速度を基にすると,本体の内蔵メモリのうち約55Mバイト分をテレビ録画用に使える計算になる。

ワンセグ・ケータイでは難しい録画予約

 電子番組表としては,Javaアプリケーションの「Gガイド 番組表リモコン」を用いる。同番組表上で番組を指定すれば,視聴の予約が可能である。ただし,録画予約機能は備えていない。これは持ち運び可能な携帯電話特有の事情による。テレビ番組は地方によって系列局のチャネルが異なっていたり,同じ系列局でも常に同じ番組を同時刻に放送しているとは限らない。携帯電話機の場合,録画予約を行った後に,別の地方に端末を持って行ってしまうと,番組録画を保証できなくなってしまうわけだ。なお,電子番組表はワンセグのみの対応で,アナログ放送には対応していない。

 折り畳み時の外形寸法は110mm×51mm×27mmと比較的大きめだが,アナログ・チューナの占める体積が大きいことによるという。「現状では,ワンセグを視聴できない地域の方が多いため,アナログ・チューナの搭載は絶対だが,将来的にワンセグが全国で放送されアナログ・チューナを省略できるようになれば,大幅に小型化できるかもしれない」(同社)とする。

ワンセグ対応のDVDプレーヤも同時に公開,UniPhierは不採用

 今回,P901iTVとは別に,松下電器産業はワンセグ・チューナを搭載した持ち運び可能なDVDプレーヤ「DVD-LX97」を披露した。持ち運び可能なDVDプレーヤでワンセグに対応するのは世界初という。付属の電池パックを利用することで,最大9時間のテレビ視聴が可能である。

 松下電器産業グループは,デジタル家電向けの統合プラットフォームとして「UniPhier」の採用を全社的に推し進めている。上記のP901iTVにもワンセグのH.264の復号化などにUniPhierを利用しているが,今回のDVDプレーヤではUniPhierは採用していないという。

【訂正】記事中で当初,P901iTVのワンセグの視聴時間を3時間と記述していましたが,同端末はまだ発売前であり,あくまでこの視聴時間は同社による見通しです。最終的な視聴時間は変更の可能性があります。