PR
[画像のクリックで拡大表示]

 エレクター(本社東京)は,日新製鋼が開発した表面処理鋼板「ZAM」を使用したパレット「ネステナーZ・A・M」を発売した。防錆/防食性が高いため,低温環境下や水がかかる場所でも使える。サイズは1350×1200×1400mmからの3種類で,価格は3万3900~3万5700円。
 
 ZAMは,亜鉛とアルミニウム,マグネシウムを配合した鋼板。無機系のクロムフリー後処理をしており,鉛やカドミウムを含まない。めっき層が細かく強固なため,フォークリフトなどで繰り返し運んでも傷つきにくいのが特徴だ。従来の溶融亜鉛めっき鋼板と比べ,赤錆耐久性は10~20倍。

 ネステナーシリーズは,倉庫やトラックのスペースに合わせてレイアウトできるスチールパレット。3~4段を積み重ねて使える。上段と下段が組み合わさる部分にある突起の角度が上下で異なり,振動が加わるとそのすき間がクッション効果を発揮して強く結束するため,倒れにくい(エレクターのホームページ)。使わないときは畳んで,1台の中に8台を収納できる。