PR

 工作機械などを販売する関東物産(本社東京)は,3次元データを有効活用するなど“新しいものづくりプロセスを提案する”ことを目的とした新会社ケイズデザインラボ(本社東京)を,2006年2月14日に設立する。玩具・原型メーカーであるエム・アイ・シー(本社東京)と協力し,エム・アイ・シーの持つ3次元ツールを利用した玩具・原型の造形技術力を,他の製造業などさまざまな分野に適用するための技術支援,販売活動を行っていく。

 具体的には,エム・アイ・シーで活用されている触感を得られる入力デバイス「PHANTOM」を使ってモデリングするソフト「FreeForm」(米SensAble Technologies社)や3次元スキャナ,RP機器などを販売するとともに,各種のCAD/CAM/CAE/CGソフトなども販売する。また,実際にこれらのツールを活用しているエム・アイ・シーを見学するとともに,各種のソフトをショールームで体験する見学ツアーも実施する。