PR
システムの概要
システムの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 サンデンは,鋳造・塗装・組み立て・部品加工など多業種に渡る国内の生産関係会社7社に導入する標準生産管理システムを,NEC製Web対応ERPパッケージ「EXPLANNER/J」を採用して構築したと発表した。システムは,サンデンシステムエンジニアリング(本社群馬県伊勢崎市)およびNECと共同で構築した。標準生産管理システムは,すでに関係会社2社で導入を完了しており,順次その他5社にも導入を進めていく。

 サンデンでは,従来関係会社が個別に情報システムを構築・運用していた。グループ全体での業務スピード向上やリソースの有効活用,セキュリティ対策の格差是正などを促進するため,共通的な生産管理システムを構築・導入するとともに,システム運用をサンデンシステムエンジニアリングが一括して行う。これにより,各社個別に生産管理システムを構築した場合に比べ,1/3の投資金額での導入が可能であると見込む。また,従来各社でシステムを管理していた要員を不要とする。

 構築した標準生産管理システムは,EXPLANNER/Jの基本機能をベースに,生産関係会社7社が共通に必要な会計システムやEDIシステムとの連携機能,納品書や在庫報告書のフォームなどを追加開発している。さらに7社が独自に必要な機能を必要に応じて個別に追加開発することで,業種を超えた生産管理システムの統一を実現している。サンデンでは,標準生産管理システムに独自機能を追加開発せずに導入することで,2社目以降の導入期間を6カ月から3カ月に短縮することを実現している。
  
 標準生産管理システムの運用については,サンデンのデータセンターにIAサーバを設置し,サンデンシステムエンジニアリングが集中的に管理する。これによりセキュリティ対策やバックアップなどリスク管理面での運用強化を実現している。