PR

 三菱自動車は,植物由来の原料を含んだPBS(ポリブチレンサクシネート)と竹の繊維を組み合わせた内装材を開発した。ルーフやドアの内張りに利用できるという。同社では2007年度に発売する予定の新型軽自動車へ採用する予定。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料