PR

米Sun Microsystems Inc.は,米国サンフランシスコ市で開催中のオープンソース関連のイベント「Open Source Business Conference」で,同社のマイクロプロセサ「UltraSPARC T1」に採用したアーキテクチャ「UltraSPARC Processor Architecture 2005」の仕様のオープンソース形式による提供を始めたことを発表した。同社は,1つのマイクロプロセサ上で複数のOSを動作させる「HyperVisor」機能のAPI(application programming interface)も公開した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料