PR

 日本精工は,工作機械の主軸スピンドルで使う軸受に,空気と混ぜた潤滑油を供給するユニット「ファインルーブ」の新シリーズを開発した。2006年4月に発売する。高感度のオイル粒子監視センサを搭載することで,軸受に対して潤滑油を安定して供給できるようにした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料