米Magma Design Automation Inc.は,米3Dlabs Inc.が90nmプロセスで作る回路ブロックを,MagmaのEDAツール群を使って設計したと発表した(ニュース・リリース同日本語訳)。同ブロックは3次元ビジュアライズ処理ユニットで,300万トランジスタの規模という。

 今回3Dlabsが使ったのは,RCパラメータ抽出ツール「Quartz RC」と自動レイアウト・ツール「Blast Fusion」,雑音解析・最適化ツール「Blast Noise」,電源グリッド解析・最適化ツール「Blast Rail」と,マクロセルのキャラクライゼーション・ツールの「SiliconSmart」などである。ニュース・リリースには,3DlabsのMatt Buckelew氏(vice president of ASIC Development)のコメントが寄せられている。