PR
展示の様子
展示の様子
[画像のクリックで拡大表示]
展示パネル
展示パネル
[画像のクリックで拡大表示]
「V-ONU」
「V-ONU」
[画像のクリックで拡大表示]
「DRT-J511」
「DRT-J511」
[画像のクリックで拡大表示]

 ミツミ電機は,FTTH(fiber to the home)における3波多重システムに向けた関連製品を,2006年2月16日~2006年2月17日に東京で開催している同社の技術展示会「MITSUMI SHOW 2006」で展示した。1510nm(映像配信用),1310nm(データの上り用),1490nm(データの下り用)の波長を利用する。展示では,3波長の光信号から映像信号とデータ信号を分岐させ,配信された映像信号を光電変換する「V-ONU」と,伝送速度が1Gビット/秒のFTTHの方式「GE-PON」に対応するONU(optical network unit)「DRT-J511」を使用して,実演している。DRT-J511はすでに製品化しており
発表資料),V-ONUは試作品である。

 映像信号を光電変換するV-ONUは,内蔵する光フィルタによりデータ信号と映像信号を分岐できる。GE-PON向けのONUであるDRT-J511は,ネットワーク側に置くOLT(optical line terminal)1ポートに対して,最大32台利用可能である。