PR
[画像のクリックで拡大表示]

 TCMは,バッテリ式構内運搬車「ガッテン太助」を2006年2月20日に発売する。高出力の交流モータを搭載したため,積載状態でも約10°の坂道をスムーズに登れる。最高速度は15km/h。1t積みと2t積みの機種があり,価格はそれぞれ110万円(税別)と125万円(同)。

 アクセルリングと連動して機能するモータブレーキに,エンジン式と同等の安定性を持たせて,下り坂を走行するときの安全性を高めた。さらに,エネルギを有効に使える機能が付いたブレーキを採用。ブレーキペダルを操作するときの車輪の回転力でモータを回転させ,モータで発生した電気エネルギバッテリに戻して再利用する。このモータの回転抵抗が制動力を補助するため,ブレーキパッドの寿命を延ばせる。

 走行性能に加えて,メンテナンスのしやすさにも配慮した。まず,完全ギア駆動式のドライブユニットを使うことで,従来は必要だった駆動チェーンの調整やグリースアップを不要にした。これにより耐久性が高まる上,チェーンの駆動音も抑えられる。交流モータを採用したため,ブラシ交換も不要だ。そのほか,車軸に荷造り用のひもが巻きついても,それを自動で切断する機能を装備。軸受のトラブルを減らせる。