PR
展示の様子。右の水槽内にカメラ・モジュールがある
展示の様子。右の水槽内にカメラ・モジュールがある
[画像のクリックで拡大表示]
水槽内のカメラ・モジュール
水槽内のカメラ・モジュール
[画像のクリックで拡大表示]

ミツミ電機は,車載用のカメラ・モジュールを試作した。主にリア・カメラやドライブ・レコーダなどに向ける。今回の試作品は,撮像素子に31万画素のCMOSセンサを利用している。広角レンズを搭載しており,水平画角は120度。外形寸法は20mm×20mm×22.5mmと小型。質量は29g。車載向けということもあり,展示場では,+70℃の湯を満たした水槽にカメラ・モジュールを入れ,環境変化に強いことをアピールしていた。

 1チップ・マイコンを搭載しており,30フレーム/秒の画像を出力できる。消費電流は60mA。電源電圧は+5V~+24Vである。