PR

 自動レイアウト・ツールで処理しきれない,最後に残った配線に焦点を合わせたEDAツールを提供するベンダー。それが米Manhattan Routing, Inc.である。同社の製品の役割や会社名の由来を,同社PresidentのTor Ekenberg氏に聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料