PR
EVERPLAYのロゴマーク
EVERPLAYのロゴマーク
[画像のクリックで拡大表示]
画像データにIndexファイルとAlbumファイルを加える
画像データにIndexファイルとAlbumファイルを加える
[画像のクリックで拡大表示]

 富士写真フイルムと米Eastman Kodak Co.,コニカミノルタフォトイメージングの3社は,画像データの管理規格「EVERPLAY」を開発し,無償ライセンスを開始した。3社は,ユーザーが世代を超えて画像データを保管・鑑賞できる環境の構築を目指しており,「いつでも,どこでも再生・共有ができる」という規格の狙いをEVERPLAYという名前に込めた。

 EVERPLAYはCDやDVDなどのさまざまな記録媒体に画像データを記録するためのフォーマットであり,富士写真フイルムらが2004年9月から規格策定を進めてきた(Tech-On!関連記事1,2,3)。当初は「PASS(Picture Archiving and Sharing Standard)」という名称だったが,今回規格が完成したのに合わせて正式名称をEVERPLAYとした。

 EVERPLAYは,画像データにXMLで記述した目次(Indexファイル)と索引(Albumファイル)を加えることで,画像データの整理や識別を容易にする。富士写真フイルムらによると,EVERPLAYは既存の規格が実現できていない,「画像とメタデータの互換性を実現する仕組み」「データを移し,安心保管を実現するマイグレーションの仕組み」「高度な検索を可能にする仕組み」の3つを採り入れているという。

 3社はEVERPLAYの幅広い普及を目指しており,規格使用契約書を提出すれば,3社の関連特許やロゴ使用のライセンスなどを無償で受けることができるようにした。ソフトウエア開発用キットや規格検証ツールなども用意しており,無償で利用できる。EVERPLAYの規格書は,EVERPLAYの公式ホームページからダウンロードできる(WWWサイト)