PR

 米National Semiconductor Corp.と英ARM Ltd.は,マイクロプロセサの電力制御技術に向けたインタフェース仕様「PowerWise」のVersion 2.0を策定した。両社は策定に当たり,松下電器産業とオランダPhilips Semiconductor社,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.,STMicroelectronics社と協力したことを明らかにした。これらの企業が,PowerWiseの採用を検討したためとする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料