PR
壇上の岩田氏
壇上の岩田氏
[画像のクリックで拡大表示]
セガおよびハドソンと協力
セガおよびハドソンと協力
[画像のクリックで拡大表示]

 任天堂 社長の岩田聡氏は,米国時間2006年3月23日,米国カリフォルニア州サンノゼで開催中のゲーム開発者イベント「Game Developers Conference 06(GDC)」の基調講演で,次世代ゲーム機「Revolution」(開発コード名)の開発に関して,セガおよびハドソンと提携したことを明らかにした。Revolutionにおいて,セガの家庭用ゲーム機「メガドライブ」(セガの説明ページ)およびNECがハドソンと共同開発した家庭用ゲーム機「PCエンジン」のゲーム・タイトルを利用可能にするという。メガドライブは北米でも「Genesis」という商品名で大ヒットを飛ばしたなど知名度は高く,3000人を超えるゲーム開発者で埋め尽くされた講演会場は割れんばかりの拍手とウォーッという咆哮に包まれた。

 岩田氏は昨年のGDCでも基調講演を行い,無線LAN機能の搭載や「GAMECUBE」の上位互換とすることを明らかにしていた(Tech-On!の関連記事)。加えてこれまでに「ファミコン」や「スーパーファミコン」「Nintendo 64」のゲーム・タイトルを利用できることや,そのためにゲーム・ソフトをオンラインでダウンロード供給する仕組み(Virtual Console)を整えることを述べていた。今回はそれに加えて,メガドライブやPCエンジンのゲーム・タイトルも配信するというもの。「Revolutionでは任天堂の過去のゲーム・タイトルが遊べるようにするが,それ以外のゲームへのリクエストもあった。そうした声に応える」(任天堂の岩田氏)。

 基調講演ではこのほか「ニンテンドーDS」のゲーム・タイトルとして日本で大ヒット中の「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の米国版タイトル「BRAIN AGE」を紹介し,米国市場での出荷増への期待を示した。加えて会場の参加者全員に「BRAIN AGE」のゲーム・ソフトを無料配布した。岩田氏からの意外なプレゼントに,会場を埋め尽くした参加者も熱狂的な盛り上がりで応えていた。