PR

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と東日コンピュータアプリケーションズ(本社東京)は,レーザ回折法によって噴霧の構造を解析する装置「レーザ回折噴霧構造解析装置」を製品化した。これは,同機構が実施している「成果活用促進制度」を通じて実現したもの。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料