PR

名古屋大学は,組み込みソフトウエア関連技術の研究開発と人材育成を目的とする産学連携組織「附属組込みシステム研究センター」を2006年4月1日付けで設置する。組み込みソフトウエアに関する基礎研究ではなく,「大学で生まれた技術シーズの実用化を目指す応用志向の研究」(センター長に就任する高田広章氏)を行う。第1弾のプロジェクトとして,トヨタ自動車と共同で車載端末向けOSを開発する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料