PR

 オムロンは,パイオニアの子会社であるパイオニア精密を買収する。パイオニア精密は1977年に設立,主に中小型液晶パネル用バックライトの開発,生産,販売を手掛けてきた。

 今回の買収により,オムロンは自社開発した点光源方式バックライトに加えて,パイオニア精密の多光源方式の品種を取り入れて製品系列の拡充を図る。また,これまで小型と大型をそろえていたバックライトの製品系列にパイオニア精密の中型品種を加えることで,事業としての競争力を強化したい考えだ。このほか,部材調達や生産の上での規模のメリットや技術開発力の強化,市場シェアの拡大などが,買収の決め手になった。

 パイオニア精密は現在,約270人の従業員を抱えているが,全員がオムロンに移籍し,生産拠点などについても現段階では整理の予定はないという。なお,買収金額や買収期日などは「本日以降,具体的な協議に入り,確定は後日となる」として明らかにしていない。